いつでも元気にいてほしい

処方箋の中身

常にチェックしよう

ペットを飼っている人は多くいますよね?
そんなペットの中でも犬は昔から人気の動物で、人間と様々なコミュニケーションをとることができますし、群れをなす性質から人間と協力的に素晴らしいパートナーとして一緒に生活してきた歴史があります。
カッコイイものや可愛い愛くるしい見た目、中にはブサイクだけどなんともいえない憎めない見た目などいろんな人に愛されてるのが犬です。
そんな犬が仕事や外から帰ってきたらお出迎えしてくれたり、毎日の散歩はほどよい運動にもなりますし、過ごす時間はとても価値が高いものになっています。
もはやペットというより大事な家族の一員だと思う飼い主の人も少なくないと思います。

大事な家族にはいつまでも元気で、健康に過ごしてほしいと思いますよね?
そのためには病気や体調不良の兆候にはいち早く気づいてあげる必要があります。
早ければ早いほど治療効果は高くなりますし、本人の辛さや痛みなども少なくなります。
人間であればそんな辛さや違和感は言葉で伝えることが出来ますが、犬などのペットの場合にはなかなかそうともいきません。
普段から注意深く体調不良の兆候がないかチェックするようにして、いつまでも元気に健康に過ごせるようにしてあげましょう!

早期発見したい病気

犬のかかりやすい病気は様々ありますがその中でも早期に発見して治療したい病気に白内障というものがあります。
白内障とはその名の通り眼が白く濁り視力がおちる病気のことです。
この白内障は症状が進行してしまうと視力が落ちるだけでなく、痛みを伴う緑内障やぶどう膜炎を併発したり、最悪の場合失明したりする恐れがあります。
そんな状況になってしまうととてもじゃないですが健康で元気に過ごすことはできないですよね。
日本で承認されている目薬では白内障そのものを治療する事ができずに、症状の進行をおさせることしかできません。
そのためには、早い段階でその症状を察知して治療を開始する必要があります。

気づくのが遅く白内障は症状が進行して目が白く濁ってしまうと、外科手術によって治療するしかなくなってしまいます。
外科手術となると、犬にとって負担が大きいですし、金銭的な面でも20万以上はかかってしまうので、飼い主にとっても負担になりますし、手術を行うということは精神的にも大きな負担を感じてしまいます。
そのような状況にならないように普段から定期的に犬の目をチェックしたり、視力が落ちている様子はないかなど気を付ける必要があります。

手術以外にも

症状が進行してしまうと外科手術に頼らざるをえないといわれている白内障ですが、実は目薬でも症状を改善することができます。
外科手術を行わずに犬の身体に負担をかけずに治療することができるので、万が一に白内障の発見が遅れて、症状が重くなっていても安心することができます。

その救世主のようなお薬は、シーナックというNアセチルカルノシンを有効成分とした目薬です。
このシーナックは日本では承認がおりていないので、動物病院で処方されることもありませんし、薬局などで入手することもできません。
そのために日本国内では白内障の治療法としては一般的ではないので動物病院で診察をうけると手術をすすめられると思います。
たしかに改善効果の面で考えると速効性もたかいので外科手術は間違いないのですが、身体的にも金銭的にも負担がありますし、後発白内障を発症するリスクもあります。
そのためにシーナックで治療した場合と比べると負担は大きくなってしまいます。
日本では承認されていないとはいえ、その効果は高くアメリカやヨーロッパでは一般的な白内障を治療薬として使われているので安心して利用することが出来ます。
もちろん副作用や事故なども発売以降1件もないので安心して利用することができます。

緑色と白い薬

具体的な作用は?

シーナックの具体的な作用は有効成分でNアセチルカルノシンによって体内で不足した抗酸化物質であるカルノシンにかわって、水晶体の濁り自体を浄化したり、その濁りを防ぐ作用があります。

黄色いカプセル

犬は白内障になりやすい

初期段階で治療すれば白内障にも大きな改善効果があります。犬は犬種によって若いうちから白内障を発症していまう遺伝子をもったものがいます。そのためには自分の飼っている犬種が該当するかチェックして備える必要があります。

手のひらに薬を乗せている

入手方法は?

シーナックは日本では承認のおりていないお薬なので海外から直接輸入して手に入れる必要があります。その方法は難しいものではなくて、個人輸入代行業者が運営している通販サイトを利用すれば簡単に入手することができます。

2錠の錠剤

人気記事

「」の人気記事です。