具体的な作用は? | ペットの白内障はシーナックで治療しよう!

具体的な作用は?

緑色と白い薬

白内障に大きな治療効果のあるシーナックですが、実際に利用する前にどのように作用するかを知っておきたいですよね?
ここでは簡単にではありますが、シーナックついて簡単に説明したいと思います。
シーナックはCAN-Cという目薬のジェネリック医薬品となっています。
ジェネリック医薬品なので、CAN-Cと有効成分は変わらずに料金を抑えて利用することができるので、費用をかけたくない方などにシーナックはおすすめです。
このシーナックに含まれている白内障に対する有効成分はNアセチルカルノシンです。
Nアセチルカルノシンの働きによって白内障を治療し改善することができます。
それではその具体的な作用について説明したいと思います。

白内障は眼のレンズである水晶体が白く濁ることによって視力を落としたり失明する恐れがあるのですが、正常な状態であれば体内の抗酸化物質であるカルノシンによってその濁りおさえ、浄化しています。
ところがこのカルノシンは分解されやすく性質があり、また加齢などの原因によって体内での量も減少していきます。
これによって水晶体に濁りが蓄積していき白内障となります。
そこで分解されにくいNアセチルカルノシンを目薬によって点眼することによって、減少したカルノシンにかわって水晶体を綺麗に浄化し白内障を治療するというのがシーナックの治療作用となっています。
日本で承認されている点眼薬では症状の進行をおさえるだけで、このように白く濁った症状を改善する事は出来ませんので目薬で治療したいと思ったらシーナックを利用するしかありません。